J1名古屋・丸山「僕とシンがしっかり構えていれば…」先制点献上シーンを反省

2020年9月2日 23時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―名古屋 前半、先制を許し肩を落とす丸山(中央)

FC東京―名古屋 前半、先制を許し肩を落とす丸山(中央)

  • FC東京―名古屋 前半、先制を許し肩を落とす丸山(中央)

◇2日 ルヴァン杯準々決勝 FC東京3―0名古屋(味スタ)

 名古屋グランパスは敵地でFC東京に0―3で完敗。4強進出を逃した。
 DF丸山祐市(31)は、3失点での敗戦に「先制点を取られたのが良くなかったし、1失点で頑張って耐えていればチャンスはあった」と反省しきりだった。
 「何とか防げたのでは」と振り返ったのが、前半37分の先制点の場面。サイド突破したFWディエゴオリベイラからMF安部へのクロス対応を挙げて、「僕とシン(中谷)がしっかり構えていれば対応できた」と唇をかんだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ