巨人・高梨 右打者に今季初の被安打 ここまで25の0 DeNA・細川に二塁打浴び降板

2020年9月2日 20時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表から登板した巨人・高梨

7回表から登板した巨人・高梨

  • 7回表から登板した巨人・高梨

◇2日 巨人-DeNA(東京ドーム)

 巨人の高梨雄平投手(28)が右打者に今季初安打を許した。ここまで、一般的に左投手が不利とされる右打者に25打数無安打と無類の強さをみせていた。この日は2点リードの7回から登板すると、1死から右の細川に高めに浮いたボールを振り抜かれ、右翼フェンス直撃の二塁打に。高梨はここで降板となった。
 高梨は今季楽天から移籍し、17試合で防御率0・56と安定したピッチングで首位を走るチームにとって欠かせない存在となっている。原監督も「うちのリリーバーのなかにおいても良い教本になっていると思います」と高く評価している。
 左打者に対しても、試合前の時点で23打数3安打と圧倒的な数字を残している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ