本文へ移動

JR東海、2年連続初戦突破 戸田が8回2死まで無安打、都市対抗

2019年7月14日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本通運戦に先発し、8回途中1失点のJR東海・戸田=東京ドームで

日本通運戦に先発し、8回途中1失点のJR東海・戸田=東京ドームで

  • 日本通運戦に先発し、8回途中1失点のJR東海・戸田=東京ドームで
  • 1回裏JR東海2死三塁、池田が右前に先制打を放つ
 社会人野球の日本一を決める都市対抗大会は13日、東京ドームで開幕し、東海地区第7代表のJR東海(名古屋市)が2-1で一昨年準優勝の日本通運(さいたま市)に競り勝ち、昨年に続き初戦を突破した。先発の戸田公星投手(31)が8回2死まで無安打無失点に抑える好投。4番の池田樹哉内野手(32)が先制打を含む3安打とベテランの活躍が光った。
 投打ともに活躍したのは30代の選手。JR東海の久保恭久監督(58)は「ベテランは頼りになりますねえ」と勝利の立役者となった2人の働きに感心していた。
 エースの戸田は140キロ台中盤の速球にフォークや縦のスライダーなどを交え、三振の山を築いた。7回1死から4者連続で奪うなど8回まで毎回の13奪三振。2-0の8回2死から本塁打を浴び、次打者に四球を与えて降板したものの、先発の役割を果たした。
 「もともとゴロを打たせる投手。変化球がいいところに落ちてくれた。東海予選は僕のせいで苦しんだので、みんなを助けられて良かった」。予選終了の翌日から、右脚に長く重心をかけるフォームに修正したことも吉と出た。
 4番の池田は1回2死三塁で一、二塁間を破る先制打。その後も左方向へ流し打つ安打を2本続けた。「みんながつないでできたチャンスだったので何とかしたかった。中田が出たがっているので勝っていかないと」。左アキレス腱(けん)を痛めて戦列を離れている元中日の中田亮二内野手(31)が復帰するまで、負けるわけにはいかない。 (堤誠人)
日本通運(さいたま市) 000000010―1
JR東海(名古屋市) 10010000x―2
(通)高山、阿部、和田、庄司、相馬-木南
(海)戸田、喜久川-牛場
本塁打 諸見里(通)
▽1回戦
きらやか銀行(山形市) 000000000―0
パナソニック(門真市) 00100000x―1
(き)小島、塚本-安成
(パ)榎本、藤井聖-三上

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ