本文へ移動

福井工大コールド負け 9四死球投手陣崩れる

2019年6月13日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回の第3打席で左飛に倒れ、悔しそうに引き揚げる福井工大の神藤=神宮球場で(麻生和男撮影)

7回の第3打席で左飛に倒れ、悔しそうに引き揚げる福井工大の神藤=神宮球場で(麻生和男撮影)

 福井工大は、東京六大学リーグの覇者に力の差を見せつけられた。4回に2点を先制したものの、先発・南ら投手陣が9四死球を与えて自滅。コールドで明大に屈した。
 「3回まではしのいだけど、先制して硬くなったのか。点を取った後の戦い方が明暗を分けた。もう一回、やり直し」と下野博樹監督(59)。1回戦では、6度目の対戦で4連敗中だった上武大に快勝。4年連続での初戦突破も、全て2回戦止まり。今年も壁は越えられなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ