特集<生きるために 南海トラフ地震・三重>第23回 交通の要衝 市街地、西へ走る

2020年8月4日 05時00分 (9月4日 18時24分更新) 会員限定
 南海トラフ地震が最大クラスの想定規模で起きた場合に、海沿いの市街地ではどう逃げるのか。建物の倒壊や液状化、津波や火災…。
 災害には思わぬ想定外がある。市街地だけに、普段は住んでいない人も発生時に居合わせる可能性は高い。四日市市浜田地区を例に、「市街地から逃げる」を考える。
<中日新聞プラスの会員になると、紙面のPDFを見られます>...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

防災関連記事の最新ニュース

記事一覧