黒部ダムカレー、おうちでも 大町の関電子会社、えん堤かたどるライス型を商品化

2020年9月2日 05時00分 (9月2日 11時47分更新) 会員限定
ライス型を使って作った黒部ダムカレーの一例(関電アメニックス提供)

ライス型を使って作った黒部ダムカレーの一例(関電アメニックス提供)

  • ライス型を使って作った黒部ダムカレーの一例(関電アメニックス提供)
  • 商品化された「黒部ダムカレーライス型」=大町市の関電アメニックスで
 黒部ダムの玄関口となっている大町市のご当地グルメ「黒部ダムカレー」を自宅で作って楽しんでもらおうと、ダムの観光事業に携わる関西電力の子会社が、ダムえん堤をかたどったライス型を商品化した。ステンレス製で、金属加工で知られる新潟県燕市の会社が手掛けた本格派。「角がきちんと出て、かっこいいダムライスができる」とアピールしている。 (日下部弘太)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧