本文へ移動

トヨタ自動車3年ぶりの黒獅子旗奪還ならず 都市対抗決勝はJFE東日本に4-6で惜敗

2019年7月25日 23時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
JFE東日本―トヨタ自動車 準優勝に終わり、スタンドの応援団に挨拶に向かうトヨタ自動車ナイン=東京ドームで(斉藤直己撮影)

JFE東日本―トヨタ自動車 準優勝に終わり、スタンドの応援団に挨拶に向かうトヨタ自動車ナイン=東京ドームで(斉藤直己撮影)

 社会人野球の日本一を決める都市対抗大会最終日は25日、東京ドームで決勝を行い、東海地区第5代表のトヨタ自動車(豊田市)は南関東地区第1代表のJFE東日本(千葉市)に4―6で敗れ、2016年以来3年ぶりの優勝はならなかった。
 トヨタ自動車は2―2の同点で迎えた4回、JFE東日本打線に6安打を集中されて4失点。6回と7回に1点ずつ返したが、7回途中から登板したJFE東日本・須田幸太投手に反撃ムードを断ち切られ、9回も三者三振で終わり、頂点まであと一歩及ばなかった。
 試合後の藤原航平監督は「今日は目指した野球ができなかった。選手はよく頑張ったと思うが、自分が勝たせてあげることができなかった」。4連投ながら7回から登板した大黒柱の右腕・佐竹功年投手は「トヨタは強かったと来年言われるように練習していきたい」と雪辱を誓った。
 なお、最優秀選手賞にあたる橋戸賞はJFE東日本の須田投手が獲得。トヨタ自動車からは敢闘賞にあたる久慈賞に佐竹投手、打撃賞に沓掛祥和内野手が選ばれた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ