本文へ移動

石川・白山が初戦突破 リトルシニア北陸中日旗新人選手権

2019年9月2日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表、白山1死満塁で銖藤が右中間に逆転適時打を放つ=手取川公園野球場で(高野行正撮影)

5回表、白山1死満塁で銖藤が右中間に逆転適時打を放つ=手取川公園野球場で(高野行正撮影)

 中学硬式野球のリトルシニア東海連盟北陸中日新聞旗争奪新人選手権大会(中日スポーツ後援)第1日は1日、石川県白山市の手取公園簡易野球場ほかで1回戦があり、地元の白山が5-2で愛知北を下し初戦を突破した。白山は1番の銖藤大和(しゅどう・やまと)遊撃手(白山市立北星中2年)が5回の逆転適時打など2安打でチームをけん引した。
 キャプテンが率先垂範でチームを引っ張った。白山は1点を追う5回1死満塁で銖藤が右中間へ2点適時打して逆転。白山は後続の犠飛で加点した後、銖藤は俊足を生かして二、三盗。続く一、三塁では重盗を決めてダメを押した。
 銖藤は1回は左翼線二塁打で先制点の足がかりをつくった頼もしい1番打者でもある。「試合の流れを作るために、いつも自分が塁に出ることを考えてます」。逆転打については「どんな形でも逆転したかったので、右方向を意識して打った。ケースに応じた打撃はいつも練習してますから」と事もなげに振り返った。
 新チームで初の公式戦となるこの大会。白山は春の選抜大会でベスト8に進みながら夏は全国大会を逃しており、銖藤は「自分たちは一生懸命、丁寧にをモットーに全国を狙います」と主将として率先垂範を目指す。
 中川清之監督(46)は「投手が4人いるので守りには自信がある。いろいろなタイプの選手がいて、引き出しがいっぱいあるチーム」と教え子の頑張りに目を細めた。 (高野行正)
 ▽1回戦
白 山 1000400―5
愛知北 0002000―2
(白)村松、藤瀬、紙谷-苅安
(愛)江原-矢島

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ