本文へ移動

中京大・内村、大学野球デビュー戦は大当たり?! 第1打席からの2連続死球に「ビックリした」

2019年9月1日 20時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回の第2打席でこの日2個目の死球を受けて、一塁塁上で苦笑いする中京大の内村慎之介内野手

3回の第2打席でこの日2個目の死球を受けて、一塁塁上で苦笑いする中京大の内村慎之介内野手

◇1日 愛知大学野球秋季リーグ戦 中京大4-5名城大(パロマ瑞穂)

 これは違った意味で大当たり?! この日がリーグ戦初出場だった中京大・内村慎之介内野手(1年・宮崎西)が珍しい形でのデビューを果たした。一般入試で入部した男は7番・DHでスタメン出場。2回無死満塁で迎えた第1打席はフルカウントから右足に死球。押し出しで大学野球での初打点を挙げた。
 3回2死二、三塁の好機だった第2打席は緊張も解けて初安打を狙っていった。しかし、4球目の直球が右肘をかすってしまい、再び死球に。デビューから2打席連続で死球を受けてしまうという思いも寄らぬ結果となった内村は一塁塁上でコールドスプレーをかけてもらった後に苦笑い。空振り三振だった5回の第3打席限りで交代した後にも「さすがに2つめの死球にはビックリしましたね。次に打席に立つ時は打てるようにしたいです」と目を丸くしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ