本文へ移動

巨人・大城、打った瞬間! 超特大先制6号2ラン 川上哲治さん生誕100年記念試合で価値ある一振り

2020年9月1日 20時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回、先制2ランを放つ巨人・大城

4回、先制2ランを放つ巨人・大城

◇1日 巨人-DeNA(東京ドーム)


 打った瞬間だった。巨人の大城卓三捕手(27)が超特大弾を放った。互いに無得点で迎えた4回2死一塁。DeNAの先発上茶谷の高めのチェンジアップをとらえると打球は右翼バルコニー席へ。先制の6号2ランになった。
 この日は川上哲治さんの生誕100年記念試合。ナインが永久欠番「16」をつけて挑んだ大切な一戦で価値ある一振りをみせた。
 大城は「なんとか先に点をとりたかったし、先制点は試合を有利に進められる。菅野さんですしね。とにかく打てて良かったし、先制できて良かったです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ