本文へ移動

バンコク ほほ笑みの国の恐怖

2020年9月1日 16時00分 (9月1日 16時00分更新)
 弟の三十八回目の誕生日は、お祝いではなく、祈りの日になった。「無事でさえいてくれれば」。バンコク郊外の寺院で八月中旬、シタナンさん(47)は友人たちと静かに手を合わせた。
 弟のワンチャラームさんは、反政府運動のメンバー。六年前に母国を逃れ、隣国カンボジアから政府批判を続けていた。六月初めの夕刻、普段のたわいない電話の最中に突然、会話が途切れた。自宅近くの防犯カメラには、車に押し込まれ、連れ去られる姿が残されていた。
 人権団体やメディアが騒ぎ、両国の関係当局は腰を上げたが、対応は極めて素っ気ない。「居住の事実が確認できない」「国を出て行った人だ」。いまだ手掛かり一つ見つからない。「弟が間違ったことをしていたなら、謝って取り消したい。でも、誰に何を言えばいいのかさえわからない」。大きな目に、いっぱいの涙が浮かんだ。笑顔を忘れて、もう三カ月になる。
 政府に批判的な人物が、こうした不可解な失踪を遂げるケースは初めてではないという。のどかな寺院の片隅で、不釣り合いに、遠巻きにじっとカメラを回す男がいた。炎天下にも、薄ら寒さを覚えた。 (岩崎健太朗)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報