本文へ移動

3連覇の中京学院大中京高軟式野球部の平中監督がトークイベント出席「執念が上回った」

2019年12月21日 21時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ぎふ体育顕彰の贈呈式で、中日新聞社の大島宇一郎社長(左)から「勝利の女神像」を受け取る中京学院大中京高校軟式野球部の村瀬仁紀主将

中日ぎふ体育顕彰の贈呈式で、中日新聞社の大島宇一郎社長(左)から「勝利の女神像」を受け取る中京学院大中京高校軟式野球部の村瀬仁紀主将

 今年の「中日ぎふ体育顕彰」を受賞した岐阜・中京学院大中京高軟式野球部の平中亮太監督が21日、岐阜市内のホテルで行われたトークイベントに出席した。
 イベントは東海テレビの上山真未アナウンサーが司会役で進行。準決勝の崇徳(広島)戦が4日間にわたる延長50回の激闘となった2014年を振り返り「前年(13年)に全国出場を逃して、何が何でも日本一になると取り組んでいた。1年間の思い、執念がわれわれの方が上回ったのではないかな」と説明した。
 同校は8月の全国高校軟式野球選手権で3連覇を達成。同大会の優勝回数で単独トップに立った功績が評価された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ