本文へ移動

パナSUNXの東郷将大1失点完投で2勝目 ◇中日スポーツ杯新春選抜リーグ第5日・13日パロマ瑞穂球場

2020年1月14日 00時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 パナソニックデバイスSUNXは3―1でフタバ産業を破り2勝目を挙げた。3年目の東郷将大投手(23)=愛大出=が1失点完投勝ちして2勝目をマーク。ニデックは5―4で小林クリエイトに競り勝ちし、GTRニッセイは9―2で近藤産興に大勝した。
 東郷のヒーローインタビューは苦笑いで始まった。9回2死、2安打完封勝ち目前で被弾。打たれた豊田にはこの試合で2本の二塁打を浴びていた。「2本打たれていたので、つい力んで甘く入ってしまいました」。サイドから鋭いスライダーとツーシームを駆使し2回から5イニングは無安打。同じサイドスローで全国大会優勝8度の名門を支えた坂田朋弥監督代行(46)は「僕より背は高いし、スピードがある。制球も良かった。大事な試合で大胆かつ繊細に投げた」と絶賛した。
 昨年はパナSUNXの右のエースと期待されたが、天皇杯予選で肘を痛め、シーズン後半は投げることすらできなかった。今大会は初戦の東郷製作所戦で完投勝利も挙げた。「手応えはつかめました。去年の分まで貢献できるよう投げます」と力強く宣言した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ