本文へ移動

ロード to GP & QC 寺田祥メモリアルV!!

2020年9月1日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボートレースメモリアルを制し、表彰式でトロフィーを手にする寺田祥

ボートレースメモリアルを制し、表彰式でトロフィーを手にする寺田祥

 先月30日にメモリアルが幕を閉じ、年末を見据えたマネーバトルも残すところあと3カ月となった。賞金トップは7月のオーシャンC、ボートレース甲子園他、GI2勝と完全無欠の強さを誇る峰竜太。すでに賞金はただ一人1億円の大台に乗せている。2位に吉川元浩、3位に篠崎仁志とここに変動はないが、メモリアルを制した寺田祥が4位にまで急浮上。Fで11月のチャレンジCには出場できない菊地孝平もメモリアル準優勝で大きく賞金を加算し、グランプリ出場はほぼ当確となった。
 瓜生正義、白井英治らは順位を下げたが、グランプリを優位に戦える2ndシリーズ(上位6人)までは僅差の位置。近年は年末決戦常連となった茅原悠紀や毒島誠、桐生順平らもまだまだ上位を狙える中で、王者・松井繁が11位に食い込んでいる。初出場を目指し丸野一樹、西山貴浩は現在の18位内を守りたいが、昨年の賞金王でもある石野貴之は21位のランク外でここからスパートをかけたい。
 一方女子はレディースチャンピオンを勝った平山智加が貫禄の1位。守屋美穂、小野生奈らも順当に上位を争う中で新星・土屋南が12位に入っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ