本文へ移動

青木、中嶋、倉本がチャリティーゴルフで500万円を御殿場市のコロナ対策基金に寄付…青木「ゴルフで貢献できたことがうれしい」

2020年8月31日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3人力を合わせて500万円をゲット。左から青木功、中嶋常幸、倉本昌弘

3人力を合わせて500万円をゲット。左から青木功、中嶋常幸、倉本昌弘

 プロゴルファー誕生100周年を記念し、青木功(78)と中嶋常幸(65)、倉本昌弘(64)の3人による「ドリーム・チャリティー・ゴルフ」が31日、静岡県御殿場市の太平洋クラブ御殿場で行われた。
 競技は9ホール。第1打は担当制、2打目以降はスクランブルという変則スクランブル方式で、バーディー以上1つにつき100万円をチャリティー。この日は3人が協力して5ホールでバーディーを奪取。500万円を御殿場市の新型コロナウイルス感染症対策推進基金に寄付した。
 この日が78度目の誕生日だった、日本ゴルフツアー機構会長の青木は観客に向かって「ゴルフで貢献できたことがうれしい。皆さんゴルフ(レギュラーツアー)が始まったら見に来てくださいね」とアピール。中嶋は「大好きなゴルフでチャリティーに協力ができてうれしい」と話した。
 この日の模様は10月30日にBS―TBSで放送予定。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ