17歳の探究心、企業で開花 藤井二冠と同学年の高専生プログラマー

2020年8月31日 16時00分 (8月31日 17時48分更新) 会員限定
複数のパソコンが並ぶ自室で、リモートワークをする池口直希さん=愛知県江南市で(一部画像処理)

複数のパソコンが並ぶ自室で、リモートワークをする池口直希さん=愛知県江南市で(一部画像処理)

  • 複数のパソコンが並ぶ自室で、リモートワークをする池口直希さん=愛知県江南市で(一部画像処理)
 プログラミング技術を生かし、IT企業で活躍する十七歳がいる。豊田工業高等専門学校(愛知県豊田市)の情報工学科三年、池口直希さん=同県江南市=だ。史上最年少で将棋二冠を獲得した藤井聡太王位(18)と同学年。分野は違えど、周囲が「十年に一人」と期待する逸材は「技術で世の中を便利に」と研さんを積む。 (白井春菜)
 池口さんは昨年三月末から、名古屋市中区のネット広告ベンチャー「カルテットコミュニケーションズ」で働く。学業との両立のため、アルバイトでの就業だが、採用試験のプログラミング実技では、通過率一割未満の課題をクリアし、社幹部らを驚かせた。学校が休みの日に自宅でリモートワークし、システム開発の仕事などをこなしている。
 池口さんが一人で開発を担った同社のサービスには、スマートフォンで履歴書を作成・提出できるウェブサイト「anata」がある。
 コンセプトは「スマホ時代に合う履歴書」。サイト上で完成させた履歴書に一件ずつURLを割り当て、それを企業に送信するだけで提出できるようにした。個人情報の漏えい防止に注意を払いつつ、簡便さを追求。無料で利用でき、PDF形式での履歴書の印刷も可能だ。
 堤大...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧