YMOの高橋幸宏が脳腫瘍の摘出手術「術後は後遺症なし」初夏に断続的な頭痛、MRI検査で判明

2020年8月31日 11時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋幸宏

高橋幸宏

  • 高橋幸宏
 「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のドラマー高橋幸宏(68)が脳腫瘍の手術を受けたと31日、所属事務所が公式サイトで発表した。
 高橋は検査で脳腫瘍が判明し、今月13日に患部摘出手術を行い、無事成功したという。幸い後遺症もなく現在入院し治療を受けている。
 高橋もコメントを発表し、経過を説明した。初夏を迎えるころから断続的な頭痛があり、症状が改善されなかったことから緊急で脳MRI検査を受けた。結果は脳腫瘍の疑いがあり「現実を受け止められなくて、絶望感で言葉も出ない長い一日が始まりました」と当時の心境を明かした。
 そして検査入院し、13日に手術を受けた。「手術後は幸いにも後遺症はなく、今後は体力気力をつけて、じっくりしっかりと治療に専念し、できるだけ早い時期に皆さんの前に立てるよう努めていきたいと思っています」とした。
 仕事の関係者へ謝罪し、病院の医師らには感謝の気持ちを表した上で「どうかしばらくの間、静かに見守っていただけたらと願っております」と記している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ