本文へ移動

交通安全母の会が総理大臣表彰報告 越前市長に

2020年8月31日 05時00分 (8月31日 09時55分更新)
奈良市長(前列左から3人目)に内閣総理大臣表彰の受賞を報告した加藤会長(同4人目)ら=越前市の市民プラザたけふで

奈良市長(前列左から3人目)に内閣総理大臣表彰の受賞を報告した加藤会長(同4人目)ら=越前市の市民プラザたけふで


 本年度の安全功労者内閣総理大臣表彰を受けた越前市交通安全母の会の受賞報告会が二十八日、同市の市民プラザたけふであった。
 加藤のぶ子会長(76)ら役員十人が出席し、奈良俊幸市長に報告した。奈良市長は、交通安全への取り組みに感謝し「受賞を機にさらに活動を進め、市民が今後も安全で安心な生活を送ることができるように協力をお願いしたい」と話した。
 同会は旧市町の組織を統合し二〇〇六(平成十八)年に結成。「交通安全は家庭から」を合言葉に、子どもや高齢者らに向けて年代に応じた交通安全教室を開いている。
 加藤会長は「受賞に負けないような活動をしていきたい。若い母親にも入ってもらえるような組織づくりをしたい」と意欲をみせた。会では今後、高齢者向けに免許返納や反射材のことを取り入れた寸劇などを行うことにしている。 (中場賢一)

関連キーワード

おすすめ情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧