愛工大が連勝 大学野球・愛知秋季L

2020年8月31日 05時00分 (8月31日 05時00分更新) 会員限定
 1部の第1週第2日は30日、名古屋市のパロマ瑞穂球場で2回戦2試合を行い愛工大が15−4で名城大に連勝し、勝ち点1とした。愛院大は2−0で中京大に勝ち、1勝1敗で3回戦に持ち込んだ。
 愛工大は20安打の猛攻。同点の四回に平本の2点適時打で勝ち越すと、五回には5安打3四死球に敵失も絡めて8点を加えた。終盤も攻撃の手を緩めなかった。名城大は投手陣が誤算だった。愛院大は佐藤良が堅い守りに支えられ、6安打7四球で完封。山内が四、六回の2打席連続適時打で援護した。中京大は打線がつながらなかった。

関連キーワード

PR情報

スポーツの最新ニュース

記事一覧