今度は毎回の8安打も…前回ノーノーの小川に“返り討ち”のDeNAラミレス監督「前回よりは良いアプローチができたが」

2020年8月30日 22時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季7勝目をマークしたヤクルト・小川

今季7勝目をマークしたヤクルト・小川

  • 今季7勝目をマークしたヤクルト・小川

◇30日 DeNA4-6ヤクルト(横浜)

 DeNAは前回の対戦で屈辱のノーヒットノーランを喫したヤクルト・小川への雪辱を期したが、今回は7回まで毎回の8安打を浴びせながらも奪った得点はソロ本塁打による2点のみ。打線がつながりを欠いての“返り討ち”にラミレス監督は「前回よりは良いアプローチができたが、打線がかみ合わなかった。小川はタフで、リードを奪ってからよりタフになった」と7イニング8安打2失点で今季7勝目をマークした相手の力量を認めるしかなかった。
 次カードは5・5差をつけられた首位・巨人との3連戦(東京ドーム)。「簡単な試合にはならないと思うが、今日の試合は忘れて火曜日からしっかり気持ちを入れ替えてプレーすることが重要」と前を向いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ