ロッテのルーキー佐藤都志也がプロ初の先発マスク!好打&好リード「打てる捕手」をアピール

2020年8月30日 13時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ初の先発マスクを任されたロッテの佐藤

プロ初の先発マスクを任されたロッテの佐藤

  • プロ初の先発マスクを任されたロッテの佐藤

◇30日 オリックスーロッテ(京セラドーム大阪)

 ロッテのドラフト2位、佐藤都志也捕手(22)が30日、京セラドーム大阪でのオリックス戦でプロ初の先発マスクを任された。スタメン起用は指名打者で出場した8月16日の日本ハム戦(ZOZOマリン)以来、自身2度目。
 球団のルーキーでは唯一、開幕戦から1軍登録されており、6月27日のオリックス戦(ZOZOマリン)で代打サヨナラとなるプロ初安打を放った。今季は出場26試合で打率1割9分4厘、5打点、0本塁打。
 サヨナラ打を放った際も「打てる捕手としてセールスポイントを存分に出したい」と話しており、好打&好リードでチームに貢献する決意だ。
 福島県出身で聖光学院高(福島)時代には甲子園に2度出場。東洋大では2年春に東都大学リーグで首位打者に輝いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ