本文へ移動

ノッカーは阪神OBの今成亮太さん 同大、立命大、京大の選手が打撃投手など手伝う【合同練習会・アラカルト】

2020年8月29日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シートノックで、ノッカーを務める元阪神の今成亮太さん(手前)

シートノックで、ノッカーを務める元阪神の今成亮太さん(手前)

◇29日 「プロ志望高校生合同練習会」(甲子園)


 ◆参加選手 春夏の甲子園大会と夏の地方大会が中止になり、スカウトの視察機会が少なくなったことを受けNPBと日本高野連が開催。8月18日までにプロ志望届を提出し参加を希望した118人のうち、西日本の高校の選手77人が甲子園での練習会に参加。欠席はなし。残りの41人は9月5、6日の東京ドームでの練習会に参加。
 ◆スカウト93人 NPBスカウトは12球団83人、大学・社会人・独立リーグのスカウトは10人が視察。沖データコンピュータ教育学院の林亮介監督は「高校生の補強で想定通りにいってないポジションがあるので、いい選手がいれば声をかけたい」と話した。
 ◆練習会サポート NPBが、甲子園を本拠地とする阪神球団に協力を依頼、シート打撃のノッカーを、OBでタイガースアカデミーベースボールスクールコーチもしている今成亮太さんが務めた。関西学生野球連盟の同大、立命大、京大の選手が打撃投手などで手伝った。
 ◆フリー打撃 野手全員と一部投手の合わせて54人が、それぞれ1分×5~6セットずつ、打撃投手とマシンを相手に打った。米子東の岡本大翔内野手は左手首痛のため大事をとってフリー打撃を回避した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ