本文へ移動

愛工大・新村将斗、“3季連続”開幕戦白星! 1年ぶりリーグ戦に「ワクワクしすぎて空回り…」

2020年8月29日 19時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛工大・新村

愛工大・新村

◇29日 愛知大学野球秋季リーグ戦 名城大2―3愛工大


 愛工大のエース右腕・新村将斗投手(4年、桜丘)は、6イニング2失点の粘投。新型コロナウイルスの影響で今年の春季リーグ戦が中止だったため、昨年の春秋リーグ開幕戦に続く“実質3季連続”の開幕戦白星を挙げた。
 新村は「変化球を曲げようとして制球が悪かった」と毎回の9安打を浴びる苦しい投球。それでも2回に2点本塁打を浴びた以外は決定打を許さない粘りも発揮。6回2死三塁の同点のピンチを三振で切り抜け、次の回から救援に託した。
 1年ぶりのリーグ戦に「早く野球がしたかった。でもワクワクしすぎて空回りしちゃいました」と苦笑いするが、目標の優勝に向けて同じ轍(てつ)を踏むつもりはない。「個人タイトルは二の次。とにかく優勝するために投げたい」と言葉に力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ