本文へ移動

豊田合成、開幕戦で琉球に勝利 ハンドボール日本リーグ

2020年8月29日 19時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスク姿で選手に指示を出す豊田合成・田中監督(左から3人目)

マスク姿で選手に指示を出す豊田合成・田中監督(左から3人目)

◇日本リーグ 豊田合成34-25琉球


 ハンドボールの日本リーグが屋内球技の先陣を切って29日に稲沢市の豊田合成健康管理センターほかで開幕し、昨季3位の豊田合成は琉球に34―25で勝利した。
 豊田合成は6月中旬までチームの施設が閉鎖。選手が個別で公園などの空きスペースを見つけて練習をこなし、その内容を動画に撮影して選手間で共有した。田中茂監督(52)は「個々が意識を高く持ってやってくれた」と、コロナ禍を乗り越え開幕戦をものにしたチームの仕上がりに満足げな表情を見せた。
 今季のリーグ戦は観客の入場や対策を会場ごとに無観客の「レベル1」から制限や検温を行わない「レベル4」の4段階に分けて実施する。同センターはこの日、観客の入場を制限する「レベル2」で試合が開催された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ