ロッテ・マーティン、落合以来34年ぶりの月間10発! 「しっかり準備でいい結果」

2020年8月29日 19時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・マーティン

ロッテ・マーティン

  • ロッテ・マーティン

◇29日 オリックス1-5ロッテ(京セラドーム大阪)


 なにわの地で覚醒した。ロッテのマーティンが2試合連発となる逆転の17号2ランを放った。敵地の京セラドーム大阪では今季8試合で計6発。チームを5カード連続勝ち越しに導いた。
 「球場が(相性がいいから)というわけじゃないと思う。しっかりと準備ができているのでいい結果を残している。少しでも早く準備しているのが大きい」。8月に放った本塁打はこの試合で10本目。月間本塁打が2桁となったのは球団では1986年7月に11本を放った落合博満以来、34年ぶりの快挙だ。
 好投していたオリックス先発・張奕の鼻を一発でへし折った。1点を追う4回1死一塁で初球のフォークボールをすくい上げ、中堅を越す特大アーチをスタンドに運んだ。これがチーム初安打。「早いうちに逆転できて良かった」と会心の一打を振り返った。
 マーティンの活躍でチームも8月は16勝7敗2分と絶好調。夏バテすることなく、混パを演出しシーズン後半戦を迎える。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ