本文へ移動

通算打率1割7厘の男の一打に原監督も思わず右手突き上げ 巨人が先発・今村の同点打から一挙5得点

2020年8月29日 15時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏1死満塁、今村が左前に同点打を放つ

2回裏1死満塁、今村が左前に同点打を放つ

◇29日 巨人ー中日(東京ドーム)

 巨人の今村信貴投手(26)がバットでみせた。1点を追う2回1死満塁。1ボール2ストライクから中日の先発ロドリゲスの153キロ直球にコンパクトにバットを合わせた。芯でとらえた打球は三遊間を破り、同点の左前適時打になった。ベンチの原監督も通算打率1割7厘の今村の貴重な一打に思わず右手を突き上げて喜んだ。
 この一打が打線に火を付け、坂本、岡本にも適時打が飛び出し一挙5得点。巨人戦防御率2・03と苦手にしていたロドリゲスを一気に攻略した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ