本文へ移動

ドラ1候補の福岡大大濠・山下ら77人が参加 プロ志望高校生合同練習会が甲子園でスタート

2020年8月29日 12時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ志望高校生合同練習会でウオーミングアップする選手たち

プロ志望高校生合同練習会でウオーミングアップする選手たち

 プロ野球を目指す高校3年生を対象とした「プロ志望高校生合同練習会」が29日、西日本会場の甲子園球場で始まった。12球団のスカウトが大挙詰め掛ける中、今秋ドラフト1位候補の福岡大大濠・山下舜平大投手や、中京大中京(愛知)の中山礼都内野手ら77人の選手が練習会用の番号が左胸と背中に付いた練習着姿で参加。緊張感に満ちた雰囲気の中で、初日の幕が開けた。
 77人が参加する今回はA班(40人)、B班(37人)に分かれて実施する。午前11時40分からアップが始まり、午後からフリー打撃、シートノック、障害予防講習などを行うスケジュール。第2日の30日はシートノックの後に、実戦形式のシート打撃を行う予定だ。
 練習会は新型コロナウイルスの影響で、春夏の甲子園や地方大会などが中止となったことを受け、日本高野連と日本野球機構(NPB)が合同で開催。選手にはプレーのアピール、スカウトには視察の場を提供することを目的としている。今月18日までにプロ志望届と練習会参加届を提出した118人が対象になる。
 9月5、6日は東日本会場の東京ドームで開催される。
 ▼西日本の主な参加選手
 【投手】
 加藤優弥(金沢龍谷)
 上田洸太朗(享栄)
 加藤翼(帝京大可児)
 内星龍(履正社)
 山下舜平大(福岡大大濠)
 【捕手】
 釣寿生(京都国際)
 山下航汰(京都外大西)
 【内野手】
 奥村真大(龍谷大平安)
 西野力矢(大阪桐蔭)
 中山礼都(中京大中京)
 土田龍空(近江)
 【外野手】
 早真之介(京都国際)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ