本文へ移動

ロッテ石川5連勝「カーブが良かった」6イニング8安打3失点

2020年8月28日 23時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川歩

石川歩

◇28日 オリックス3-5ロッテ(京セラドーム大阪)

 ロッテのエース石川歩投手(32)が28日、京セラドーム大阪でのオリックス戦に先発し、緩急をつけた投球術で自身5連勝を果たした。
 持ち味のカーブを交えながら6イニングを8安打3失点(自責1)。開幕戦以来となるカードの初戦を任され、チームに白星を呼び込んだ。「カーブが良かった。もったいない形で失点したので、そこを何とか粘れたら良かったかな。もう少し長いイニングを投げたかった」と納得の表情だ。
 今季は登板した11試合全てで6イニング以上をこなしている。この日は3者凡退に抑えた2回を除いて、安打を許して走者を背負う苦しい展開ながら、要所を粘り強く切り抜けた。
 井口監督も「しっかりとコントロール良く丁寧に投げてくれた。カード頭を勝てているので、29日の試合でカード勝ち越しを決めて、3つ(3連勝)いけるように頑張りたい」。あふれんばかりの笑顔で試合を振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ