<拝啓トーキョー 海の向こうから>母の生まれた国で鍛錬 競泳、オマーン国籍、中京大3年 イサ・アルアダウィ

2020年8月28日 07時27分 (8月28日 07時33分更新)

東京五輪を目指すイサ・アルアダウィ=本人提供

 新型コロナウイルスの感染が顕著になり、東京五輪の行方が揺れていた3月。中京大で競泳に打ち込むオマーン国籍のイサ・アルアダウィは思い巡らせていた。「日本に残るか、オマーンに戻って練習するか」
 日増しに厳しくなってきた国際便での移動。母国の家族からは「戻ってきたほうがいいんじゃないか」と心配する声が寄せられた。オマーンでのプール使用は見通せず、日本を離れれば大学の授業にも影響が出る。相談を重ねた上に選択したのは「日本で過ごしたほうがいい」。これまで通り、レベルの高い練習環境に身を置く選択をした。
 コロナ禍でまともにプールに入れなかった期間は2カ月以上。4月に中東で予定された代表選考を兼ねた国際大会は中止になった。愛知県豊田市の大学に近い学生寮で過ごす毎日。再び本格的に泳げるようになったのは6月下旬だった。
 この時期、新規感染者数が1000人を超えた日もあり、オマーンに住む仲間たちはまだ泳ぐことができていなかった。オンラインで連絡を取った代表クラスのスイマーに聞くと、ひたすら陸上トレーニングなどで体を動かしていたという。

イサ・アルアダウィ

 オマーン人の父と日本出身の母を持つ。日本に留学したのは2018年春。日本の競技力を支える細かい技術を学びたかった。なによりも東京五輪の存在。「お母さんの生まれた国で五輪に出られたら、うれしい。楽しみにしている」。五輪が延期になっても、その思いは変わらない。
 競技力は決して高くないオマーン。過去の五輪代表は、いずれも推薦枠での出場だった。「日本よりプールは少ないし、(五輪で使われる)50メートルの長水路は特に珍しい」とアルアダウィ。各地のスイミングクラブなどで幼少期から競技に親しむ日本とは事情が違うという。
 「将来、オマーンの水泳が強くなってほしい。僕が五輪に行けたら、他の人にも『行ける』という気持ちを生み出せると思う」。5歳ごろにホテルのプールで水に親しんだのを機に始めた競技。中京大での生活は2年以上が過ぎ、自己ベストは自由形の100メートルと200メートルでそれぞれ2秒近く更新した。
 ただ、自力で五輪出場を果たすには、さらに2秒はタイムを縮める必要がある。21年夏に持ち越した夢の舞台。成長に費やせる時間が増えたとプラスに捉え、「今は全部、全力でやりたい」。当面の目標は12月に中東で計画されている国際大会の出場。後悔しないよう、いまは日本での鍛錬に集中する。 (磯部旭弘)
 =おわり
<いさ・あるあだうぃ> 13歳でオマーン代表入り。自由形5種目で同国記録を持つ。2018年ジャカルタ・アジア大会、19年世界選手権(韓国・光州)に出場。中京大スポーツ科学部3年。21歳。オマーン出身。

関連キーワード

PR情報