野球できる喜びかみしめ コロナで辞退、東邦が県岐商と引退試合

2020年8月28日 05時00分 (8月28日 05時00分更新) 会員限定
先発し力投する東邦の吉納選手=パロマ瑞穂球場で

先発し力投する東邦の吉納選手=パロマ瑞穂球場で

  • 先発し力投する東邦の吉納選手=パロマ瑞穂球場で
 二十七日夜、名古屋市内であった高校野球の強豪同士の引退試合。新型コロナウイルス感染症の影響で、夏の県大会の出場を辞退した東邦(名古屋市名東区)は、県岐阜商(岐阜市)に2−11で敗れたが、野球ができる喜びをかみしめた。
 東邦は県大会で16強入りを懸けた四回戦当日の七月二十六日、野球部外の生徒の感染で辞退が決定。勝ち負けなく、引退することに悔し涙を流す選手もいた。
 同じように岐阜県大会を辞退した県岐阜商の提案で試合が決まると、東邦ナインは「相手に不足はない。全てを出し切ろう」。全体練習の中止が明けた今月上旬から、下級生と一緒に練習場で汗を流した。
 東邦は、三回に山田航大選手の安打で初得点。八回には志水大起選手が本塁打を放った。序盤の失点を覆せなかったが、ナインは笑顔で一礼して球場を去った。
 先発した吉納翼選手は「苦しい三年間だったが、仲間と最後に楽しくプレーできて良かった」と話した。(鈴鹿雄大、大野沙羅)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報