本文へ移動

“救世主”ついにゼロ神話ストップ! 巨人・高梨がヤクルト青木に被弾、今季初失点

2020年8月27日 21時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏、青木(手前)に左越えソロを打たれた巨人・高梨

7回裏、青木(手前)に左越えソロを打たれた巨人・高梨

◇27日 ヤクルト-巨人(神宮)


 ついに“救世主”のゼロ神話が止まった。巨人の高梨雄平投手(28)の連続無失点が16試合目にして途切れた。4点リードの7回から4番手としてマウンドに上がると、先頭の青木に141キロツーシームを逆方向に振り抜かれた。打球は左翼席に飛び込み、今季初失点。それでも続く山田、村上を落ち着いて打ち取り、右のエスコバーを迎えたところで大竹に交代した。
 高梨は7月に楽天から移籍すると、安定した投球で無失点を続け、いまや首位を独走する巨人のブルペンに欠かせない左腕となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ