本文へ移動

感染疑い3人の発生届を誤送信 名古屋市昭和区保健福祉センター

2020年8月27日 20時53分 (8月27日 20時55分更新)
 名古屋市昭和区保健福祉センターは27日、新型コロナウイルスに感染した疑いのある3人の発生届を、医療機関などにファクスで誤送信したと発表した。
 センターによると、誤送信が起きたのは25日午前で、区内の医療機関から送信された3人分の新型コロナ感染疑いの届け出を、それぞれの居住区の保健福祉センターにファクスで転送した際、機器に登録されていた医療機関など別の送信先にも誤って同時送信した。
 発生届には住所、氏名、職業、新型コロナに感染した疑いがあることが記されていた。誤送信先からの連絡で発覚。昭和区保健福祉センターは3人に謝罪するとともに、誤送信した発生届を回収して廃棄した。

関連キーワード

PR情報