本文へ移動

巨人・松原がライトゴロで危機救う 「イメージ通り」のレーザービーム ヤクルト・高梨をアウトに!

2020年8月27日 19時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏、先発の戸郷(右)に迎えられる高梨を右前ゴロにした松原

4回裏、先発の戸郷(右)に迎えられる高梨を右前ゴロにした松原

◇27日 ヤクルト-巨人(神宮)


 巨人の松原聖弥外野手(25)がレーザービームでチームのピンチを救った。2点リードの4回の守り。2死三塁で高梨のライナーが右前で弾み、適時打で1点差かと思われた次の瞬間だった。チャージした松原がすかさず一塁へ送球。高梨も全力で一塁を駆け抜けたが、松原の強肩が上回ってアウト。ライトゴロに仕留め、「想定していました。強い打球が来たので落ち着いてイメージ通りのプレーができました」とコメントした。
 ここ2試合は連続猛打賞とバットで気を吐いたが、この日は持ち前の守りを見せつけた。原監督が「彼には走力を含めて守備力もあるので、総合的に見ている。可能性を強く持っている選手だと思う」と期待する4年目の若武者が躍動している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ