本文へ移動

巨人・炭谷が「全然打った記憶がない」右翼ポール直撃の先制ソロ 出迎えた原監督も大興奮

2020年8月27日 19時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表、先制ソロを放った炭谷を迎える巨人・原監督

3回表、先制ソロを放った炭谷を迎える巨人・原監督

◇27日 ヤクルト-巨人(神宮)


 巨人の炭谷銀仁朗捕手(33)が先制の一発を放った。互いに無得点で迎えた3回の先頭。1ボールからヤクルトの先発高梨の外角の直球をおっつけると、打球は右翼ポールに直撃。1号先制ソロで先発の戸郷を援護した。ベンチで出迎えた原監督も満面の笑み。思わず一歩前に乗り出し、抱きしめそうなほどの興奮状態だった。
 炭谷は「(ライト方向の本塁打は)全然打った記憶がないです。ずっと打撃で貢献できていなかったので先制点を取れて良かったです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ