本文へ移動

川崎のルーキー旗手が豪快ボレーでJ1初ゴール 無我夢中「何も考えずコースも見ていなかった」

2020年8月27日 11時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
旗手怜央

旗手怜央

◇26日・J1第24節 神戸2ー2川崎(ノエビア)

 川崎のルーキー、旗手怜央が千金ボレーを決めた。1ー2の後半30分。敵陣ペナルティーエリア内で三笘の浮き球のパスを胸でトラップすると、「何も考えず、コースも見ていなかった」と無我夢中で、体を倒しながら左足を横から振った。ボールは伸び上がりながら、ゴール上に突き刺さった。貴重な勝ち点1を引き寄せるリーグ戦初弾だった。
 開幕13試合中、新人ながら12試合に出場。チームが連勝街道を突き進み、同じ大卒新人の三笘がゴールを量産する一方で、「なかなか点を決められず、勝っていても悔しい気持ちだった」。ため込んだ鬱憤(うっぷん)を左足に込め、神戸の夜空に雄たけびを上げた。
 チームはまさかの大苦戦だった。前半23分に大島が先制点を挙げながら、疲労たっぷりで上昇ムードに乗り切れない。ボール支配率42%、神戸の半分のシュート7本。追いつかれ、追い越され、旗手弾で再び追いつくのが精いっぱいだった。前節・名古屋に敗れ、連勝は10でストップ。2年3カ月ぶりの2連敗を免れるのがやっとで、鬼木監督は「仕切り直しかなと思う」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ