本文へ移動

【試合詳報】久保建で「平成」無敗締め! 東京2発、首位で「令和」へ

2019年4月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、永井(右)の先制ゴールをアシストをする久保建=味の素スタジアムで(平野皓士朗撮影)

前半、永井(右)の先制ゴールをアシストをする久保建=味の素スタジアムで(平野皓士朗撮影)

 <J1第9節 FC東京2-0松本>FC東京が2-0で松本を下し、4連勝で勝ち点23として首位で平成を締めた。開幕9戦負けなしとクラブ記録をまたも更新した。2試合ぶり先発のMF久保建英(17)が全2点に絡む活躍。前半44分に絶妙スルーパスでFW永井謙佑(30)の今季3点目を演出すると、後半30分すぎにはゴール前で仕掛けてPK獲得。これをFWディエゴオリベイラ(28)が決めた。次節は来月4日、G大阪と敵地で対戦する。名古屋は広島との上位対決を1-0で制し、同19で2位に浮上した。
 大型連休が幕を開け、味スタには3万6412人が集まった。その大観衆を魅了したのは久保建だった。前半44分、東京が中盤でインターセプトし、そのこぼれ球を背番号15が拾って持ち運ぶ。顔を上げ、永井の動きに合わせて左足インサイドでスルーパスを通し、先制点を演出した。
 「永井選手が走り出しているのが見えていた。芝が滑っていたので慎重に出した。ちょっとボールが緩くなってしまったが、入って良かった」
 さらに後半31分には、エリア内での得意のドリブルで相手のファウルを誘い、Dオリベイラの得点につながるPKを獲得。チームの全2得点に絡む大活躍で“平成首位締め”に貢献した。
 長谷川監督が「これまでにないくらいにキレていた」とたたえれば、敵将の反町監督も「これからどんな道筋をたどっていくか楽しみ。将来日本のサッカーを背負って立つ選手になると思う。応援しています」と舌を巻くほどだった。
 この日は晴天に恵まれ、開幕から無敗を続ける東京と、久保建のプレー見たさに多くの家族連れも来場した。子どもたちの目にも青赤の「15」が見せる機知に富んだプレーが焼きついたはずだ。
 「これから何をしようかと思っている子どもたちに、夢を与えたいと思ってきました。自分も小さいころ、夢をもらってサッカー選手になりたいと思った。最終的には、子どもたちの憧れの選手になりたい」
 久保建は味スタにさらなる驚きと、感嘆の声を呼び起こすだろう。その加速度的な成長と東京の勢いは、新時代に入ってもまだまだ止まりそうにない。(馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ