本文へ移動

宇野昌磨、SP・フリーとも昨季プログラム継続 曲は「グレート・スピリット」「ダンシング・オン・マイ・オウン」

2020年8月26日 23時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇野昌磨

宇野昌磨

 フィギュアスケート男子で、2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(22)=トヨタ自動車、中京大=が26日に更新した自身の公式サイトで、今季はショートプログラム(SP)、フリーともに昨季のプログラムを継続することを発表した。SP曲は「グレート・スピリット」、フリー曲は「ダンシング・オン・マイ・オウン」を使用する。
 この日にアップしたメッセージの中で、近日中にも練習拠点としているスイスへ向かうことを明らかにした宇野は、昨季のプログラムを継続することを決めた理由について、1月から師事しているステファン・ランビエルコーチ(35)と離れて練習していたために新プログラムの作成にとりかかることが困難だったことに加えて、「2年目でより良くなってきたことも理由の一つ」と説明。4連覇を達成した昨年12月の全日本選手権からの進化を示唆した。
 また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された後に日本国内で続けてきた氷上練習については、主にステップの強化に力を入れていたことを明かした上で「とても充実した練習ができたので、一切の不安はありません」と宣言。ファンに向けて「また皆さまの前で演技できることを楽しみに、これからも頑張っていきます」と、2022年北京冬季五輪のプレシーズンとなる今季に懸ける思いを示していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ