本文へ移動

広島・野村に9三振…DeNA連勝ならず ラミレス監督「良い試合だったがこれも野球」

2020年8月26日 22時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・ラミレス監督

DeNA・ラミレス監督

◇26日 DeNA2―4広島(横浜)

 前夜のサヨナラ勝ちの余勢を駆って、一気に連勝と畳み掛けたかったDeNAだったが、広島の先発・野村の前に9三振。梶谷の一発による2点のみとかわされた。ラミレス監督も「良い試合だったがこれも野球。(野村が)すごく良かった。最初から最後まで打ち崩すのが難しい投球をされた」と白旗だった。
 前回の登板に続き野村との投げ合いになった先発の浜口も6イニング3失点での降板に「3点目は四球絡みの失点だったので、もう一度見直したい。勝っている状態でつなぐことができず悔しい」と責任を痛感した。
 試合前には、日米通算2000試合出場まであと1試合に迫っていたロペスが抹消。指揮官は「かなり状態が落ちているので、リフレッシュして戻ってきてもらうため」と説明。勝負強いベテラン抜きで首位巨人の追撃を強いられることになった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ