本文へ移動

与四球10 楽天投手陣大乱調…先発弓削2回もたず7回にはシャギワ5失点に三木監督「なんとも言えない試合」

2020年8月26日 11時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回途中、降板する楽天先発の弓削(右)

2回途中、降板する楽天先発の弓削(右)

◇25日 楽天 4―8 ロッテ(楽天生命パーク)
 投手陣が与四球10、与死球2の乱調で8失点と崩れて今季3度目の3連敗。先発の弓削は自己最短の1イニング1/3で降板。1点リードの7回にはシャギワが5失点で逆転を許した。三木監督は「今日は悔しい、なんとも言えない試合になった」と疲れた表情で振り返り、救援陣全体にも「起きたことを真摯(しんし)に受け止め、次につなげてほしい。プロとしての仕事ができるようになってほしい」と奮起を促した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ