「亀山七座」魅力感じて 登山地図が完成

2020年8月26日 05時00分 (8月26日 11時48分更新) 会員限定
完成した登山地図を持つ松永さん(左)ら。後ろに見えるのが「亀山七座」の一つの錫杖ケ岳=亀山市関町の観音山公園で

完成した登山地図を持つ松永さん(左)ら。後ろに見えるのが「亀山七座」の一つの錫杖ケ岳=亀山市関町の観音山公園で

  • 完成した登山地図を持つ松永さん(左)ら。後ろに見えるのが「亀山七座」の一つの錫杖ケ岳=亀山市関町の観音山公園で
  • 登山道を歩きながら、橋として使う丸太をかけ直す萩さん=亀山市安坂山町で(松永さん提供)
 亀山市内の七つの山々「亀山七座」の素晴らしさを知ってもらおうと、地元の関係者らが登山地図を完成させた。新型コロナウイルス感染対策で三密回避が叫ばれる中、「自然の中のアクティビティーが注目を浴びている。ぜひ活用してほしい」と呼び掛ける。(松本貴明)
 亀山七座は五百〜九百メートル級の山々で、野登山、仙ケ岳、臼杵ケ岳、四方草山、三子山、高畑山、錫杖(しゃくじょう)ケ岳の総称。市や石水渓観光協会など地元団体でつくる亀山七座トレイル登山道活用ネットワークが中心となり、新たな観光資源としてPRしている。
 地図の作製にあたっては、市地域観光課主任主査の松永正彦さん(54)と、同課登山専門指導員の萩真生さん(66)が昨年四月から今年六月、実際に登山道を歩いて登りやすさを確認。スマートフォンのアプリを用い、衛星利用測位システム(GPS)で通ったルートを記録し、地図上に落とし込んだ。
 案内板の設置や倒木の除去など登山道の整備を進めつつ、一部では新規ルートも開拓。地図には二人の体験を基に、迷いやすい場所や危険箇所、展望のよい場所なども示した。
 完成した地図はA3判で、表裏に印刷されている。個々の山の登山道...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報