本文へ移動

日本ハムが今季最多タイの貯金2…栗山監督はスクイズ生還のビヤヌエバ絶賛「素晴らしかったね」

2020年8月25日 23時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・ビヤヌエバ

日本ハム・ビヤヌエバ

◇25日 西武3―4日本ハム(メットライフ)


 日本ハム・栗山英樹監督(59)の執念が実った。3本の適時打に加えて2回には中島にスクイズを命じて計4点を奪取すると、5人の投手リレーでリードを守り切って3連勝。貯金を今季最多タイの2とした指揮官は、勝利の原動力に1軍の戦列に戻ってきたビヤヌエバを挙げた。
 「素晴らしかったね。いい感じです」。2本の二塁打だけではない。2回の中島のスクイズの時には、三塁走者としてロケットスタートを決めて、楽々と生還。足でもチームに貢献したビヤヌエバも「(スクイズは)必ず決めてくれると信じて、思い切りスタートを切った」と満足げな口ぶりだ。
 作戦の意図については「ご想像にお任せします」と多くを語らなかった指揮官も、投打がかみ合って敵地で競り勝ったという内容に手応えを感じているはずだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ