本文へ移動

ヤクルト、巨人・菅野から2点先制も攻略しきれず…高津監督「2回以降、点が遠い展開になった」

2020年8月25日 22時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表、ベンチで浮かない表情のヤクルト・高津監督

8回表、ベンチで浮かない表情のヤクルト・高津監督

◇25日 ヤクルト4―8巨人(神宮)


 ヤクルト・高津臣吾監督(51)は、菅野を攻略しきれなかった攻撃を悔やんだ。
 初回に2点を先制したが、その後は沈黙。2点の追加点は菅野降板後の9回に奪ったものだった。
 指揮官は「立ち上がり積極的にいい攻撃ができた。ただ、2回以降、点が遠い展開になった」とガックリ。救援陣もピリッとせず「中盤以降のリリーフ勝負になるかと思ったけど…。残念」と厳しい表情だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ