本文へ移動

ヤクルトが開始直後の速攻で巨人・菅野打ち!青木、雄平の適時打で1回に2点先取!

2020年8月25日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏、右前に先制打を放ったヤクルト・青木

1回裏、右前に先制打を放ったヤクルト・青木

◇25日 ヤクルト―巨人(神宮)


 ヤクルト打線が、開始直後の速攻で巨人の無敗男に襲い掛かった。開幕から8連勝中の巨人先発・菅野から、1回に先制点を奪取。先頭からの3連打などで、あっという間に2点をもぎ取った。
 先頭・坂口と山田哲が連続安打で演出した無死一、三塁のチャンス。この好機で打席を迎えた続く青木が、先制の右前適時打を放った。さらに、その後の2死三塁で雄平が左前適時打。好調右腕の立ち上がりを攻め立てた。
 38歳の青木は菅野の直球をとらえた先制打に「久しぶりに石川さんが先発なので、何とかいいリズムを作りたかった。先制することができてよかったです」とコメント。36歳の雄平は「いいリズムで打席が回ってきたので、その流れに乗って打つことができましたし、強引にいかずコンパクトに打つことができました」と胸を張った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ