本文へ移動

あいさつ全文「元FC東京の久保建英です」

2019年6月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チームの仲間やサポーターと笑顔を見せる久保建(前列中央)=武藤健一撮影

チームの仲間やサポーターと笑顔を見せる久保建(前列中央)=武藤健一撮影

 みなさん、こんばんは。久保建英です。まずは横浜F・マリノスのファン、サポーターのみなさん。(映像で)自分のJ1初ゴールが流されなくてブーイングが出ていたと思うんですけど、あとで(クラブに)自分が言っておきます。半年間という短い間ではありましたが、自分が今こうやってここに立てているのは、正直に言いますけど、マリノスに半年間レンタルできたことが非常に大きいと思っています。感謝しかありません。ありがとうございます。
 あらためまして、「元FC東京」の久保建英です。自分が日本に帰ってきてから、今までほぼずっと東京でやってきて、最初はあまり練習とかも行きたくなくて、けっこう辛い時期もありましたけど、むさしのみんなが仲良くしてくれて、早く飛び級でユースに上がり、みんなが仲良くしてくれて、さらに、トップチームの選手に助けてもらって、今の自分があると思っています。
 あまり何をしゃべるか決めてこなかったですけど…。映像とかを見て思うことはたくさんあります。こうやって雨の中、たくさんの人たちが自分のセレモニーを見に来てくれている…かどうか分からないですけど、足を運んでくれているのは非常に感謝しています。
 いいことばかりではなかったですけど、自分の力もあり、みんなの力も借りて、こうやって一人前のサッカー選手として東京を背負って世界に羽ばたいていけることを非常に誇らしく思います。雨の中、長々とすいません。これからはFC東京の久保建英ではなくなりますが、FC東京に在籍した選手として誇りを持って、つらいこともあると思いますが、今の動画をもらえると思うので、(スペインでも)見返して元気を出します。
 東京に来てから3年半、4年ぐらいだと思います。非常に行きたくなくなるぐらい濃い時間だったと思います。苦渋の決断ではありましたが、自分の決断に誇りを持って、東京での時間を自分は一生忘れないので、本当にありがとうございました。え~、以上です。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ