本文へ移動

貴景勝、秋場所「はよ、やりたいです」24歳になり「本厄どうなんねんやろ…まあのぞむところ」

2020年8月25日 18時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稽古をする貴景勝(日本相撲協会提供)

稽古をする貴景勝(日本相撲協会提供)

 左膝の負傷で7月場所12日目から休場した大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が25日、電話での代表取材に応じた。
 優勝への望みがあった7月場所は、かど番を脱出した直後に休場となったが、膝のけがは「もう治ってますよ」ときっぱりと言い切り、すでにぶつかり稽古も開始。「毎場所優勝したいと思ってる。今のところ2年弱ぐらいできていない。そろそろ、と言ってはおかしいけど、優勝したいと思う」と意欲を見せ、3週間後に迫る秋場所も「はよ、やりたいです。早く9月場所が来てくれるのはうれしい」と待ち遠しそうに話した。
 5日が24歳の誕生日だった。「前厄であんな感じやったから、本厄で今年どうなんねんやろなと思っているんですけど」と笑いながら話し、「まあのぞむところって感じです。24歳は年男だし、いい年にしたいですね。まあでも自分のなかで23歳の時も精いっぱいやったし、自分の中で納得する1年間過ごしたから、まあいいですかね。今はあんなこともあったなと思えるし。どんな状況でも良い成績を残せてもおごらないで、どんなに最悪でも腐らないで1年間精いっぱいやっていきたいと思います」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ