引退の内田 41歳の曽ケ端から「おまえ、まだできるだろ」に、「ソガさんはあと10年くらいやるんじゃないですか」と笑顔で応酬

2020年8月24日 20時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
引退会見で笑顔を見せる内田(c)KASHIMA ANTLERS

引退会見で笑顔を見せる内田(c)KASHIMA ANTLERS

  • 引退会見で笑顔を見せる内田(c)KASHIMA ANTLERS
 鹿島の元日本代表DF内田篤人(32)が24日、オンラインで引退会見に臨んだ。
 41歳のGK曽ケ端に事前に引退の意思を伝えると、「『おまえ、まだできるだろ』と一番しつこく言ってきたのがソガさんだった」と明かした。曽ケ端には全幅の信頼を置いている様子で、内田は「(曽ケ端は)あと10年くらいやるんじゃないですか。契約あるよね?」と笑顔で言い放ち、「鹿島の象徴的な選手として残ってくれている。練習を見ても、後ろにいてくれる安心感、存在感は感じるものがある。僕は1人のファンとしてユニホームを買って応援したい」とちゃめっ気たっぷりに語った。
 また、プロキャリアで衝撃を受けた選手については「黄金世代はすごかったと思う」と振り返り、小笠原満男や中田浩二、本山雅志らの鹿島の先輩たちの名前を列挙した。シャルケ時代にも触れ、元オランダ代表FWフンテラール、元スペイン代表FWラウル、ペルー代表FWファルファンの名をすぐに挙げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ