本文へ移動

永井、明大との練習試合で2ゴール J1次節・松本戦に視界良好

2019年9月23日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
明大との練習試合で2得点し、J1次節・松本戦に弾みをつけた永井

明大との練習試合で2得点し、J1次節・松本戦に弾みをつけた永井

 FC東京は22日、小平グラウンドで関東大学1部リーグの明大と練習試合を行い、FW永井謙佑(30)の2得点などで3-1で勝利した。0-2で敗れたJ1前節・鹿島戦(14日・カシマ)で無得点に終わり「(敗戦は)自分の責任」と語っていたが、次節・松本戦(29日・サンアル)に向け、最高の形でリスタートした。
 1-0で迎えた前半28分、背番号11はゴール前のこぼれ球に素早く反応して押し込み、リードを広げた。1点差に詰め寄られた同32分には「練習でやった形」という右サイドバック室屋の折り返しに合わせてゴールネットを揺らし「最近、崩した場面で決めきることができていなかったので、ここからまたリズムをつかんでいきたい」と満足そうに語った。
 2位・鹿島との直接対決に敗れ、勝ち点1差に詰め寄られた。
 「点を取ることにこだわって練習してきた。練習試合ではあったけど、まずそこを一つクリアできた。前線が点を取らないと勝てない。松本戦を見据えて、あと1週間を過ごしていきたい」
 残り8戦は「全てヤマ場」(長谷川監督)の“トーナメント”。一つとして落とせない中、得点源として期待がかかる青赤のスピードスターが一つギアを上げた。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ