本文へ移動

橋本、プロ初弾決めた思い出の敵地で再び大暴れだ!

2019年9月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
敵地サンアルでの活躍を誓ったMF橋本=小平グラウンドで

敵地サンアルでの活躍を誓ったMF橋本=小平グラウンドで

 FC東京の日本代表MF橋本拳人(26)が27日、小平グラウンドでの練習後、プロ初ゴールを記録した思い出の敵地・松本戦(29日)での活躍を誓った。
 期限付き移籍でのJ2熊本への武者修行から帰ってきた橋本は2015年のJ1第15節・松本戦で、J1初出場&初先発&初シュート&初ゴールの離れ業をやってのけた。
 「僕のサッカー人生を変えたゴールだったとさえ思っている。自信をつけさせてくれた。あの瞬間、東京の一員になれたと思った」
 その大きな節目となった思い出の地で再び大仕事が待っている。東京は2位・鹿島との直接対決に敗れ、残り8試合で勝ち点差は1へと縮まった。橋本は「ここからは一戦一戦が大一番になる」と口にし、こう続ける。
 「(優勝争いは)未知の領域だけど、こういう時に勝利に導きたいし、自分のパフォーマンスが結果に左右するぐらいの思いでやっていきたい」
 燃える理由はほかにもある。松本のチームカラーはかつて強いライバル関係にあり、“東京ダービー”でしのぎを削ったJ2東京Vと同じ緑色。青赤のダイナモは「緑色は好きじゃないので燃えるところです」と不敵に笑った。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ