<大波小波> 海外文学のトレンド

2020年8月24日 16時00分 (8月24日 16時00分更新) 会員限定
 海外文学の翻訳は、ファッションがよく変わる。一九五〇年代は社会主義だったのが、六〇年代には異端と前衛になり、七〇年代には毒気が抜け、怪奇と幻想になった。八〇年代以降は新奇さのない時代(ポストモダン)というわけで、巧妙なメタフィクション(作り物語)。それも飽きられ、現在は越境と言語横断性である。なんとスカートの丈よりも目まぐるしい変化ではないか。
 外国文学専門家の世代交代によって、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報