本文へ移動

【試合詳報】強烈先制パンチ! FC東京、開始7分で2発 首位鹿島と勝ち点並走

2019年11月3日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大分-FC東京 前半、先制点を決めた永井(中)は、室屋(左)、ディエゴオリベイラの祝福を受ける=昭和電工ドーム大分で(北田美和子撮影)

大分-FC東京 前半、先制点を決めた永井(中)は、室屋(左)、ディエゴオリベイラの祝福を受ける=昭和電工ドーム大分で(北田美和子撮影)

<J1第30節 FC東京2-0大分> 2位のFC東京が強烈“連続先制パンチ”で大分に2-0で快勝。首位鹿島と勝ち点59で並んだ。前半5分にFW永井謙佑(30)が先制ゴールを挙げ、2分後にはDF渡辺剛(22)が追加点。粘り強い守備で無失点に封じた。3位の横浜Mは鳥栖に2-1で競り勝ち3連勝、1差を保った。
 ここで離されるわけにはいかない。優勝争いのど真ん中で格闘する東京が敵地で勝ち点3を奪いきった。立役者は不敗神話の主人公。前半5分、永井が決めた。9試合ぶりの今季9点目。ゴールを決めれば、これで8戦全勝だ。
 圧巻の“速攻”でチームを勝利に導いた。高萩から前線のスペースに浮き球が送られる。「洋次郎君が、出してほしいところに出してくれた」。その瞬間、50メートル5秒8の快足がフルスロットルでピッチを駆け抜けた。飛び出てきたGKよりも先に頭で前にボールを転がして独走。あとは、無人のゴールに丁寧に右足で流し込むだけだった。
 優勝争いもいよいよ大詰め。このシチュエーションに燃えないわけがない。「最初からやってやろうと思っていた。足をつったら代わればいいという気持ちでガンガン行きました」。相棒のディエゴオリベイラと2人で、2度、3度と相手のパスを必死の形相で追い掛けた。
 ベンチで戦況を見つめた長谷川監督も、この2トップの働きを手放しで称賛した。「2人の献身性が勝利につながった。攻守においてチームとしてのタスクをこなしてくれた。本当によく走ってくれた」
 永井としては、8試合連続無得点で歯がゆい思いもあった。それでも、「やり続けていくしかない」と前を向いてきた。昨年9月29日のクラブ創設20周年記念試合となった清水戦。3万3789人を集めたにもかかわらず、0-2で完敗。その一戦を契機に気持ちに変化が生まれた。
 「あまり言ってこなかったけど、周りが決めて勝っても、もどかしさはあった。FWが得点をしないと勝てない。それだけの責任がある」
 その言葉通り、永井は今季、不敗神話を継続。その快足が先導し、東京は悲願の初優勝まで走り続ける。 (馬場康平)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ